【フィンランド・旅のきれはし2】フィンランド短期留学、Kesä Yliopisto のこと。

フィンランドに暮らすように滞在してみたい

3ヶ月の観光ビザだけで フィンランドに暮らすように滞在してみたかった私は、ヘルシンキ滞在中、受験をせずとも受講することのできる、 Kesä Yliopisto (Summer University)というフィンランドの教育システムのフィンランド語コースに通いました。旅行も兼ねて、語学学校にてプチ留学です。

フィンランドのKesä Yliopisto(夏期大学)は主に夏期に集中して、一般の方向けにも様々な講座を開設しており、ヘルシンキ以外の地域の各学校でも、各種様々な講座が開講されています。
私は滞在先がヘルシンキであったため、Helsingin Sudun Kesä Yliopisto (ヘルシンキ地域の夏期大学)を利用させていただきました。
こちらのスクールは、単位や資格などは取得できませんが、ワンクール週単位の短期間のコースが充実しており、日本からでも観光ビザだけでプチ留学ができます。ウェブから簡単に申し込みができます。(前払い)
ウェブサイト(英語のページ)はこちら→ HELSINGIN SEUDN KESÄ YLIOPISTO ENGLISH
ウェブサイト(フィンランド語のページ)はこちら→HELSINGIN SEUDN KESÄ YLIOPISTO FINNISH

Helsingin Seudun Kesä Yliopisto (ヘルシンキ夏期大学)の開講科目

コースの種類は、多岐に渡ります。
(※フィンランド語で行われる授業は下記以外にもたくさんあります。詳しくはフィンランド語のページをご参照ください。)

  • Art and Motion  ( Dance and Body care, Music, Theatre and Drama)
  • Communication And Technology(IT:Programming)
  • Language
    (English, Swedish, French, Spanish, Italian,German, Japanese(!))
  • Finnish Courses
    (Basic courses, Advanced courses, Finnish in English, Oral skills courses, Other intensive Finnish courses)
  • Health and WellbeingMind and Phycology)
  • Open Public Events (Various lectures )
  • Society and Cultural Studies
    (Area and Cultural Studies, History Religion Philosophy)
     …etc
     

    ※上記は、母国語がフィンランド語以外の方向けのクラスのようです

    この中の、フィンランド語のコースは初級から上級まで89コースもあり(2017 7月現在)、元々は主に移民の方のために、そして海外より駐在されている方、留学生の方のフィンランド語習得を支援するために充実しているのかもしれません。

Language course 語学コースには、2つだけですが日本語の講座もあるようです ♪なんだか嬉しいです^ ^
また Open Public Events のカテゴリーには「フィンランドの歴史」を学ぶ講義などもあり、興味津々です。

授業の期間、時間帯、料金などは?

授業の期間は短いもので2週間がワンクールのコースもあれば、5ヶ月ほどのものもあり様々です。
私が受講したのはフィンランド語Basicコースから3クールほどですが、ワンクールが3週間で、月曜日から木曜日までの週4日、授業時間は 9:00から12:45までの4時間弱ほどでした。最終日にはテストがあり、合格点に達した場合は、修了し、次のレベルのコースへ進むことができる、というシステムのようでした。私は午前の時間帯のコースを受講しましたが、夜のコースもあり、日中は働いている社会人の方や、授業やアルバイトがある留学生の方、お子さんのいる方も融通がつけやすいように工夫されていることがわかりました。

料金もコースによりけりで、様々です。
私が今回受講した フィンランド語 Basic course は、3週間のコースでワンクール105,00€(例  ¥13,600(1€=¥128で計算)変動あり)でした。
日本で語学スクールに同じ時間 通うことを考えると、とてもありがたい価格設定に感じます。また、現地の大学に通っている方や、フィンランド人とご結婚されている方は、無料で受講できるようなシステムもあるとか。フィンランドの教育に対する姿勢を垣間見ることができました。

授業の難易度は?

私が受講したフィンランド語のコースは、授業は全てフィンランド語で行われます。
もちろん初心者なので、私自身をはじめカタコトで、まだ話したり読み書きができない生徒ばかりですが、絵を多く使ったテキストや、先生の身振り手振り、映像などが授業に取り入れられ、先生の工夫のおかげでフィンランド語オンリーでも、想像していたよりは理解することができました。(時折、稀にですが英語で説明してくださることもあります。)

難易度的には、授業スピードが早く、宿題が大量に出ます。予習、復習は必須であり、集中して取り組む必要があります。
個人的な感想ですが、もともと活用が複雑で難解だと言われているフィンランド語ですので、このサマースクールのみでの習得は難しいと感じました。それでも、ほとんどフィンランド語でしかコミュニケーションのとることができない環境にいると、先生や他の生徒さん達と話したくなりますし、少しでもフィンランド語でコミュニケーションが取れるようになってくると、学ぶことがどんどん楽しくなって、夢中で取り組むようになりました。授業で覚えたことを、午後の時間に街でお店ですぐに実践することもできます。
何より、学習意欲のきっかけをいただけたことは とてもありがたく、とても良い経験になりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA