フィンランド・冬のきれはし Day 4 エスポーへのメトロ開通のことと、岩の街で思うこと

岩の街で思うこと

現地に来るまで知らなかったのですが、ヘルシンキの地下鉄がエスポーまで11月18日から開通したそうです。新たに8つの駅が増えていました。行ったことはないのですが 東はエスポーのMatinkyläというところまで行けるようです。

 

ヘルシンキは岩と石の街、そして岩盤の固そうなイメージがあるのですが、そんな中 地下鉄を作るなんてすごいなぁと思いながらルートマップを見ていました。地上から地下鉄のホームへ降るエスカレーターは、どこまでくだるの?というくらいすごく深いイメージですし、ガリゴリ削り続ける掘削の大変さは想像を絶します。

人間の文明、技術もすごいなぁと思うと同時に、先日滞在した Viikinmäki の町で 岩場の上に、そして岩盤の間から力強く松の木が生え茂っている様子を見たとき、植物の生命力の強さにびっくりしたことも忘れられません。

11月は落葉樹の緑が枯れ果てて木々が裸ん坊になったぶんだけ、針葉樹の松などの木々が岩場でもしんしんと静かに生きている様子が際立つような気がし、植物の生命力の強さを感じることができました。

夏の眩いばかりの光と新緑のみずみずしい美しさも素敵だけど、この寒空の下ただ静かに たんたんと力強く生きている木々もすごいなぁ、好きだなあ!と思いながら 愛おしく眺めています。

 

 


下記のwebsiteを参考にさせていただきました。
参照URLはこちら

ヘルシンキ交通局 / HSL (Helsingin seudun liikenne)

Visit Espoo


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA