フィンランド・冬のきれはし Day 10 Mustikkamaa、晴れの日に見えた 海辺の夕日と月。

滞在中のヘルシンキの小さな島の町、クロサーリ。
ここ3、4日で 久しぶりにピーンと晴れました!嬉しい!

午後から 滞在しているKulosaariから歩いて10分ほどの お隣の島、
ムスティッカマー / Mustikkamaaという島へ散歩に行きました。その名もブルーベリーランド !?

ヘルシンキ中央駅からは16番のバスでMustikkamaanpolkuという停車駅まで約25分ほど。この小さな島には遊園地やテニスコート、レクリエーション広場、レストラン、カフェ、夏季限定の劇場、海水浴場があるそうです。お隣の島は、動物園があるコルケアサーリ / Korkeasaariですが、動物園の入り口はこの島の最西にあり、コルケアサーリ橋を渡って徒歩で直接アクセスできます。

今回は島の周囲、海辺をぐるっと ただただ 歩いてみました。

冷たく張り詰めた空気の中、夕暮れ時(と言ってもに14時〜15時ころ)の海と空がとても美しかったです。
時期的にも時間的にも ひっそりとしているかな、と思っていたのですが、同じように散歩をしたり ジョギングしたり 自転車に乗ったりして運動している方にたくさん出会いました。

現地在住の方のブログで読ませていただいて噂には聞いていたのですが、ヘルシンキ、街中でも郊外や公園でも運動している方を本当によくお見かけします。年齢層も様々。

暗い季節を健康に乗り切る秘訣のうちの1つなのかもしれません。

 

クロサーリから、ムスティッカマー橋 / Mustikkamaasilta を渡ります。
散歩をしている方々に出会います。

橋の東側にクロサーリの町。

 

西側に発電所が見えました。

 

島の北側へ時計回りに歩みを進めて行きます。
すぐに海辺へたどり着き、11月の暗く冷たそうな海が広がっていました。

 

太陽の光がとても強い。
この光の強さは夏のあの刺すような日差しの太陽と同じだ  と、 フィンランドの夏のことを瞬時に思い出しました。

 

お隣の島クロサーリにあるレストラン、Casino。西日に照らされています。
いつか行ってみたいものです。

 

日没がやってきました。
この時、まだ15時です。

 

ムスティッカマー ビーチ / Mustikkamaan uimaranta

 

15時を過ぎると 急激に夜の帳が降りはじめます。

 

動物園、コルケアサーリへ続く橋。

 

 

 

 


ヘルシンキに来て10日目にして 初めてお月様を見ることができて、ただそれだけのことなのですが妙に感動してしまいました。。

日没と同時に現れた 三日月。
夕暮れと同時に、美しい月の夜がはじまりました。

 

 

 


Mustikkamaa

アクセス:へルシンキ中央駅から
▼バスで 16番 korkeasaari行きで約25分  Mustikkamaanpolku 駅下車すぐ
▼メトロで Kulosaaren metroasema 駅 下車後、南西へ徒歩約15分

web:city of Helsinki

 


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA