フィンランド・冬のきれはし Day 35 スキー、そして見逃したオーロラ

Lapland 2日目

朝9時半、あたりがうっすら明るくなってきて、この日はほんの少しだけピンク色の夜明け。
Ylläs湖周辺、この日は雪が深すぎて人が少なすぎて何をしていいかわからない。少し賑やかな方へ行ってみることにしました。

観光地は Ylläs tunturi( fell 丘っぽい山) を挟んで 南側(Ylläsjärvi)と北側(Äkäslompolo)の地区に分かれているようです。スキーリゾートもこの山を挟んで南北にそれぞれ2つありました。

Ylläs湖 から遠くに見える低い雪の山(丘)を見ていたら、ふとスキーがしてみたくなって、朝一番のバスでYlläsに2つあるスキー場のうち、初心者に易しめだという 北側(Äkäslompolo)のゲレンデに向かいました。
SKI BUSという周遊バス(YlläsjärviからÄkäslompolo間)でEilenkauppa というスーパーマーケットにあるバス停からから20-25分ほどでスキー場に着きました。バスの本数が90分に1本という少なさですのでバス移動は融通が利かないかもしれませんが、タクシーと合わせて利用すれば、そう不便はないように感じました。

オーロラを見逃す

今回Ylläs地区で たくさん自然の中を歩きたかったのですが、真っ白の雪の世界と街灯の少ない町を目の前にして、1人旅だったこともあって 大自然を前に怖じ気づいてしまいました。もしどこかで迷ったらと命の危険を感じてバスとタクシーのみの移動でおとなしくすごしました。

ホテルの目の前が湖という、オーロラ観測にぴったりのロケーションに滞在したにもかかわらず、いざ夜中になると、一人で出かけることに怖じ気づく。。ヘッドライト、カメラ、三脚を持ってトライしてみるも、暗黒の世界を前に引き返してしまいました。
(旅が終わってみると とても安全な町だったので もう少し動き回ってもよかったなー!と少し後悔しています。)

 

 

Ylläs Ski Resort Äkäslompolo

Ski Centre Ylläs-Ski Y1 にて スキー用品をレンタルしたり、リフト券を買ったり。
スタッフのフィンランド人の方々、とても親切で癒されました。

この辺りの商業施設はスキー場とこちらの施設内にあるレストランのみという感じで、ここから少し北の商業施設やホテルが連なる観光地へはバスかタクシーで移動することになりそうです。またもう1つのゲレンデが南側にあり、そちらはホテルなども近く、もう少し賑わっていそうな雰囲気でした。

 

さて。
私は こちらに来るまで ここがスキーリゾートだと知らなかったのです、、12月はどこかぼーっとしていました。当たり前かもしれませんが 少し早めのクリスマス休暇をすごすファミリーのお客さんが多かったです。時々、玄人風のヒョウみたいなスキーヤーがシュンシュン滑っていたけれど。
そしてゲストはフィンランドの方と同じくらい海外の方も多い印象でした。(イギリス人っぽい方が多い)アジア人が少ない。アジア人、妙齢、一人。私、絶対浮いている。(笑)しまった!かもしれない、、と思いました。

 

そうこうしているうちに スキーが楽しくなって、途中から一人浮いていることも忘れて夕方近くまで熱中しました。
この日はひたすらお子さん用のコースで子供達の横で練習、練習。
午後から猛烈に吹雪いてきました。顔が凍てつきすぎて真っ赤になるほどでした。

 

午前中に見えた一瞬の晴れ間が美しかったです。

スキー、楽しい!

 

 


Ylläs Ski Resort Äkäslompolo
web http://www.yllas.fi/en/activities/skiing-2/yllas-ski-resort-akaslompolo.html

Skibus
timetable   http://www.yllas.fi/en/skibus-get-around-in-yllas.html


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA