フィンランド・冬のきれはし DAY40 静かな Jouluaatto

Jouluaatto

今日は12月24日、クリスマスイブ。快晴です!
私は今朝ラップランドへの小さな旅から滞在先のヘルシンキに戻り、旅の洗濯や掃除に追われたりしながら いつもとそう変わらない日常をすごしたのですが なんとなく念入りに掃除してみたりして、気分は新年を迎えるような どことなく引き締まった気持ちですごしました。

夕方少し近所を散歩してみる。
さすがにクリスマスイブ、通りには人っ子一人いません。大通りでは時々人とすれ違いますが、静かな、静かな夜です。

この時期 民家のほとんどの窓がクリスマス用にろうそくやオーナメントで飾られていて目に楽しいです。お店もたとえ営業時間を終えても窓辺やショーウィンドウの灯りは消えることなく優しい光でライトニングされていて、暗い空の日でも、早くに日が沈んでしまった後でも あたたかい心持ちになれて素敵だなと思いました。どのお家も華美すぎず、素朴な印象の窓辺です。時々、稀にたくさんの電飾で彩られた窓辺も見受けられました。(あの飾り方はフィンランド人でなくアメリカ人よ!と教えてくださった方がいました。うむむむむ。)

お聞きしたところ、フィンランドではこのクリスマスシーズンの窓辺のことをJoulu ikkuna といって窓の内の方も外の方もお互いに このあかりやデザインを楽しむそうです。

三日月も顔を出して 美しい夕暮れでした。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA