フィンランド・冬のきれはし DAY95 エンケリが飛ぶ空

このところ、日脚が伸び、空は明るさを増している気がします。
まだまだ寒さは厳しく マイナスの気温が続いていますが、少しづつ、少しづつ、春の足音が聞こえてきているように感じます。

久しぶりのお天気の日、貴重な太陽の光を浴びに Vuosaariに 散歩に出かけました。

 

海は氷と雪で真っ白。

湾沿いを歩く。

森の中や湾沿いにクロスカントリースキーのコースがあり、みなさんほっぺたを薔薇色に染めてスイスイ滑っていかれます。ご家族づれ、おじいさん、おばあさん、若い方、お子さん、年齢層は様々です。


めちゃくちゃ気持ち良さそう!
私もいつか機会があれば トライしてみたいなぁ。

 

いろんな雪の表情も楽しめました。



 

 

雲の表情がくるくる変わる賑やかな空。

森ですれ違った ご年配のmadamが、エンケリ(angel)が飛んでいる、と空と雲を指差してお話してくださったことが印象的でした。

そういえば、羽みたい。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA