フィンランド・冬のきれはし DAY102 海の上を散歩。 2

 

今日はもう、それはもう良いお天気でした。
気温はマイナス10度前後くらいで寒いのですが、そのおかげで 青い空が落っこちてきそうなくらい雲ひとつない快晴。

日中出かけられなかったのですが、夕方浮かんできた月をみていたら 今日の夕方の感じはさぞかし綺麗なことだろうなぁと あの海辺の様子が気になって、いてもたってもいられなくなってきて、昨日と同じ海へ出かけました。

 

 

aurinkolahti へ。

 

 

なんてことだ。
空がピンク色に染まっている。

 

日中の太陽の光がものすごく強かったことを思わせます。日没後も収まりきらない その強い光の余韻が水平線にグラデーションを描いてとどまっているように感じました。

 

 

 

週末だったからか 日没後もまだまだ海の上で遊んでいる人が多かったです。
そり遊び、クロスカントリースキー、ウォーキング、犬の散歩、なにやらスノーバイクのようなもの。
また 私のように一人で散歩している人も見かけます。自由な感じです!

 

 

 

とてつもなく美しい月の出でした。
空気も美味しい!

 

 

海岸から1,2 kmほど歩いた頃、海の真ん中で ネックウォーマーの自分の吐息で湿った部分が カチコチに凍っていることに気づきました。楽しすぎて 体も冷えてきたことに 気づかずにずいぶんと遠くまで来てしまいました。
肌の露出している顔と手が痛い!この寒さは体感温度マイナス15度くらいにはなっていそう。

日没頃から朝方にかけて急激に冷えることに加えて、おそらくですが 海上は 風を遮るものはなにもなく、気温も体感温度も地上より かなり低いのかもしれません。風が体を冷やしていくことを実感しました。

月が綺麗〜。
…なんて言ってる場合じゃなくなってきて、急に訪れた猛烈な寒さに逃げるように岸へ帰りました。

もっと完全防備でくればよかった。。適当な格好でぷらっと来てしまって後悔。マイナスの世界はアンダーウェア1枚、レイヤー1枚減らすことが命取りでした。

 

 

海岸へ到着する頃、海から自転車で帰ってきたらしい人に遭遇しました。
自転車で小島へ行っていた帰りかな?

海と自転車。
なんだかとっても不思議な光景です。

 

 

この海に限らず、凍った海の上を歩いていると、人の足跡、犬の足跡、犬のおしっこの跡、ときどき犬のうんち、クロスカントリースキーの跡、自転車の通った跡、また場所によっては スノーモービル系の大きめのタイヤの跡、そしてアイスフィッシングの穴、たくさんの軌跡があって面白いです。

フィンランドの海は冬も人々の憩いの場所になるんだなぁ、とフィンランドならではの冬の海でのすごし方、そしてその多様さに感じ入っています。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA